貸切バスを安く使う

貸切バスを安く使う 社内研修や友人との旅行など、様々な場面で利用することができるのが貸切バスです。それでは、貸切バスを利用するという場合、どのようなポイントに気をつける必要があるのでしょうか。貸切バスを利用する大きなメリットの1つとなるのが、他の陸路輸送の乗り物に比べて安価で利用することができるという点です。この点をより活かすためには、予約の方法について考えることが重要になります。

実は貸切バスは、同じ路線のものを利用する場合でも、予約の仕方によって料金に違いが生じることが多くあります。まずポイントとなるのが、貸切バスの大きさについてです。バスの大きさは大きく4つの種類に分類することができます。最も大きいのは大型バスと呼ばれる部類で、45名から60名が乗員することができます。1つ小さいもので28名までが乗員することができる中型バスがあります。さらに小さいものとなると、19名から25名が乗員できる小型バスと、小型バスのトランクルームがないタイプであるマイクロバスとがあります。どのタイプのバスを利用するのかによって料金が変わり、基本的に大きいものの方が高額になるため、注意して選ぶようにしましょう。ただし、小さいものを利用する場合、荷物の容量についてもチェックしておく必要があります。人間は乗ることができても、荷物を置ける場所がないと不便であるためです。

次のポイントとなるのは、予約を行うタイミングです。これは他の機関を利用する場合でも同じですが、貸切バスは基本的に早い段階で予約を行った方が安く利用できる仕組みとなっている場合が多いのです。同じ時期に利用する貸切バスであっても、直前になって予約をするのと、2ヶ月前に予約をするのとでは万単位で料金に違いが生じることも少なくありません。早い段階で予定を立てることができる場合には、バスの予約もできるだけ早い段階に行ってしまったほうが良いでしょう。

また、予約の方法によっても料金に違いが生じることがあります。旅行会社で直接申し込みを行う方法のほか、インターネットのポータルサイト等を利用して予約を行う方法があります。どちらの方が安く予約できるのか、しっかり見比べて検討するようにした方が良いでしょう。昨今ではインターネットを利用すれば、他のバス会社と簡単に料金比較などが行えるようになっています。比較的簡単に安いバス会社が分かるようになっているため、上手く利用するようにしましょう。

最新ニュース