貸切バスの利用方法について

皆さんは貸切バスを利用したことがあるでしょうか。バスの利用というと、基本的にはあまり長距離の移動のためではなく、短距離の移動のために利用されると、イメージされる方が多いのではないかと思います。貸切バスの場合、距離に制限こそあるものの、長距離移動に関しても利用することができるようになっています。それでは、貸切バスを利用する場合、他の交通機関を利用する場合と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

貸切バスの大きなメリットとなるのは、料金が安いという点です。他の長距離移動手段となる新幹線や飛行機などを利用する場合に比べて、万単位で利用料金が安いということも少なくありません。そのため、予算を抑えたい場合などに特に利用し易(やす)い手段となります。また、荷物の持ち込みが行いやすい点や、自分たちだけで利用することができるために席順の指定などを行いやすい点もメリットの1つとなります。昼の移動に利用することができるものもあれば、夜間に移動する際に利用することができるものもあるため、タイムスケジュールを考えて申し込みを行うことができるでしょう。

逆にデメリットとなるのは、高速移動の手段ではないという点です。高速バスを貸切バスとして利用する場合については、高速道路を利用して移動することができますが、それでも新幹線や飛行機などに比べると時間はかけります。すぐにでも行きたい、という場合には適していないという点に注意して利用を検討する必要があります。

それでは、貸切バスを利用する場合にはどのようにして申し込めば良いのでしょうか。貸切バスの運用を行っている会社に直接申し込みを行う、というのが1つの方法です。他にも、インターネットのポータルサイトを利用して比較しながら申し込みを行う方法や、旅行会社に依頼して予約を行ってもらうという方法があります。それぞれにメリットがあるため、最も自分たちの利用に適している方法を選択するようにしましょう。

また、貸切バスを利用する場合、バスの大きさも選ぶ必要があります。これについては、大きいものほど利用料金が高くなるため、利用人数に合わせて「必要最低限」のものを選ぶのが良いでしょう。ただし、荷物を積み込むスペースについても考えておく必要があります。スキー旅行のように、荷物が大きくなる目的のために利用する場合には、人数ぴったりよりは少し余裕を持ったサイズのバスを選択した方が適切です。