団体旅行に貸切バス

貸切バスを利用したことがある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。貸切というと、なかなか個人で行うことはできず、会社などで利用するものだ、と思っている方も多いかもしれません。実は貸切バスは比較的簡単に個人でも利用できるものとなっています。それでは、どのような目的で個人で貸切バスを利用することができるのでしょうか。そして、その場合他の移動手段に比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、個人で貸切バスを利用する例として「団体旅行」について紹介します。友人やサークル仲間など、様々な集まりで旅行をするという場合に貸切バスを利用することができます。この際、大きなメリットとなるのが「公共交通機関」と違って周囲が皆身内である、という点です。公共交通機関の場合には自分たち以外にも当然他の利用者がいます。そういった人に配慮する必要があるため、移動時間はあまり話すこともできませんし、当然お酒を飲むようなこともあまりできません。貸切バスの場合には周囲にいるのはすべて知り合いであるため、こういった配慮をあまりする必要がないのです。ただし、乗務員の方に迷惑がかけらない範囲で、という注記はつきます。

また、貸切バスの場合、集合地点から目的地まで、一直線に向かうことができるのも大きなメリットとなります。乗り換えが必要にならないため、乗り換えの際に発生するゴタゴタが発生しません。また、切符なども必要ないため、途中で誰かが切符を紛失してしまいトラブルが発生する、ということも心配する必要がないのです。特に旅行の幹事にとっては大きなメリットがある方法と言えるでしょう。

バス内でのレクリエーションなども行うことができるため、移動時間をただの移動時間とするのではなく、移動時間も楽しい旅行の一部として取り入れることができるというメリットがあります。また、幹事以外は行き先を知らない「ミステリーツアー」のために利用できたり、途中で様々な場所に停まって旅行を楽しむなどの方法を採ることもできるでしょう。

こうした団体旅行のために貸切バスを利用する場合、学生団体での利用であれは学割が利用できることが多くあります。料金の割引は会社によって違っていますが、5パーセント前後の割引が行われることも少なくありません。料金についてはインターネットなどで比較しながら検討するのが良いでしょう。バスのサイズも料金に関係するため、適切なサイズを選びましょう。